少年事件

20歳未満の未成年者の男性又は女性が,犯罪又は犯罪の恐れのある行為を犯した事件を,少年事件と言います。  一般的に少年事件は,逮捕→勾留→家庭裁判所送致→観護措置→少年審判,という経過を辿ります。

こんなときはご相談ください

・お子さんが,逮捕されたとき。
・お子さんが,逮捕されそうなとき。

弁護士より一言

 身体拘束された未成年者に弁護士がつくことにより,未成年者の精神的支えになります。また,被害者と示談することにより,裁判所の処分を回避できる場合があります。

お気軽にご相談下さい。0742-26-2100 相談料30分5000円 

弁護士ブログ

アクセス

南都総合法律事務所地図
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分
南都総合法律事務所
〒630-8241
奈良市高天町10番地の1 ㈱T.T.ビル2階
TEL  
0742-26-2100
FAX  0742-27-3655
電話受付9:00~12:00/13:00~18:00
定休日  土日祝

ページの先頭へ