相続・遺言

遺言には,自分で書く自筆遺言,第三者の関与の元で作成する秘密遺言,公証人役場で作る公正証書遺言,があります。

こんなときはご相談ください

・自分の死後,相続で揉めないようにしたいとき。
・遺言が出てきたが,自分に全く相続させない内容だったとき。
・ 遺産分割で相続人の話し合いがつかないとき。

弁護士より一言

 自分の死後,相続人間で紛争が生じないように書き残しておくためのものが,遺言書です。しかし,相続人の権利を侵害している遺言書や,内容が不明確な遺言書は逆に紛争を生じさせます。そのような事態を防ぐには,弁護士のチェックを受けながら遺言書を作成することが有効です。

お気軽にご相談下さい。0742-26-2100 相談料30分5000円 

弁護士ブログ

アクセス

南都総合法律事務所地図
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分
南都総合法律事務所
〒630-8241
奈良市高天町10番地の1 ㈱T.T.ビル2階
TEL  
0742-26-2100
FAX  0742-27-3655
電話受付9:00~12:00/13:00~18:00
定休日  土日祝

ページの先頭へ